【元セブンイレブン店長!?】破竹の勢いで成長し続けるAIチャットボット”Foxsy”を運営する田中仁さん

シェアはこちら

この記事の所要時間: 742


今日は、元セブンイレブン店長でありながら、Facebookのアクセラレータプログラムや世界的なAIアクセラレータであるZeroth.aiに採択されるなど、破竹の勢いで成長し続けるAIチャットボット”Foxsy”を運営する日本人起業家、Xpresso, Inc CEOの田中仁さん(Jinさん)にお話を伺いました。

AIチャットボット”Foxsy“を運営するJinさんへのインタビュー動画

人と人を繋げる価値観を提供したい

編集部 Jinさん、今日はよろしくお願いします。

Jinさん:よろしくー。

編集部 早速ですが、なんで会社名がXpresso(エスプレッソ)なんですか?

Jinさん:僕は結構イタリアにいた経験があるんだけど、イタリア人ってコーヒーを飲みにカフェに行くんじゃなくて、あそこにソーシャライズしにいってるんだよね。コーヒーっていうエスプレッソがネタになって、最近どうしてるのーって感じで。だから僕らも、ちょっとした体験だけど、こういう人と人を繋げる価値観を提供していきたいなと思ってこの名前にしました。

編集部 そして、サービスとしてFoxsyがあるわけですね?

Jinさん:そうですね!Foxsyっていうのは人と人を繋げるサービスで、具体的には、Facebookのメッセンジャー、楽天が買収したViber、あとはKikとかのメッセンジャープラットフォームを使ってるユーザー同士を趣味や嗜好で繋げてくれるサービスって感じかな。

AIチャットボット”Foxsy“があなたに合う人を紹介してくれる。


編集部
クロスメッセンジャープラットフォームということですね!メッセンジャーを使うのは、そっちの方が手軽だからですか?

Jinさん:まさにその通り!以前はアプリを作ってたんだけど、なかなかユーザーが取れなくって…ユーザーにインタビューとかもしてたんだけど情報が足りないとか言われてたんだよねー。

編集部 その時は、どんなものを作ってたんですか?

Jinさん:その時やろうとしてたのは、Taste Xpressoっていうレストラン検索システムで、感情やローケーションに基づいて、写真ベースでレストランが選べるアプリだね。インスタから集めた写真をデータベースにしてたなー。っていうのも、あそこのコメントってポジティブじゃん?あと、写真とキーワードが揃ってるし。

編集部 発想がすごい!そのアプリは今もあるんですか?

Jinさん:それが、インスタグラムのAPIの許可が下りなくって…ちょうどFacebookに買収された直後で、インスタのマネタイズ強化のためにAPIの規定が変わっちゃったんだよね。だから、代わりにYelpのハッカソンに参加中にYelpのデータベースを自分でタグ付けしてたね。でも、これはスケールしないなと… (笑)

編集部 それは (笑)

Jinさん:そこで、そのアプリはポシャったね (笑) でも、ちょうどその時、ユーザー投稿型のサービスとかやったらどうなるのかなって思ってて、チャットベースで作れるんじゃないかと思って、そこにかけてみるかーって (笑)

編集部 それが今のFoxsyと…

エンジニア問題とCTOルークさんとの出会い

編集部 よくそこで大胆な意思決定をしましたね (笑)

Jinさん:まあその前にいくつかやってましたからね。

編集部 おお、それはどういったものなんですか?

Jinさん:1つはトラックを使った引越しサービスですね。学生の時に結構サンフランシスコとバークレーを行き来してたんだけど、Uber X(アメリカで日常的に使われている配車アプリ)だとチャリンコ入らないし、あと何回も往復しなきゃでどんだけ時間とお金かかるんだよって。あと、こっちはピックアップトラックも多いし、そもそも街の引越し屋さんっていう概念がないから、そこにシェアリングエコノミーのアイデアを入れられないかなと。

編集部 :たしかに僕もこの前引越ししたんですが、Uber XLを使って友達にも手伝ってもらってなんとかって感じでした。それで、結局そのサービスはどうなったんですか?

Jinさん:結局エンジニアがいなくてプラットフォームが作れなかったんだよね…今思えば、Webサイトだけでも立ち上げて、引越しのサービスをやっていく中でお金だけ貯めてエンジニアを雇えばと良かったなとは思うけど、当時はそこまで頭が回らなかったなー。

編集部 やっぱりエンジニア問題になっちゃいますよね…その後は何を作ったんですか?

Jinさん:その次にやったのが、トリバゴみたいな旅行の検索サイトかな。結局、その時もデザイナーはいたけどエンジニアがいなくて終わったけど。だから、モックアップだけ作って、投資家たちを回ってたなー (笑) 今思ったら相当気合い入ってた (笑)

編集部 え!?それ投資家の人たちにはどんな反応されたんですか? (笑) お前らプロダクトないのかって聞かれなかったんですか? (笑)

Jinさん:いや、プロダクトありますよって言って、モックアップ見せてた (笑) Xcodeで作ってたから、一応アプリっぽくは見えてたし。ここしか押しちゃダメですよーとか言いながら回ってたわ (笑)


編集部
それは相当気合い入ってましたね (笑)

Jinさん:っで、その時たまたま知人の紹介で今のCTOのルークを紹介してもらって、一緒に色んなハッカソンに参加してるうちに意気投合してジョインしてもらったって感じかな。

編集部 やはり、人脈やネットワークって大事なんですね。具体的にルークさんとはどう知り合ったんですか?

Jinさん:実は以前とあるBarでお手伝いしてたんですが、その時に知り合った日本人の起業家の知り合いの起業家の社員がルークだったんですね。

編集部 おお、すごい!知り合いの知り合いの社員ってことですね!

Jinさん:そうそう。繋がりって本当に不思議で、僕自身すごくそこに感謝してるんだよね。っていうのも、僕自身、自分が世界で一番頭がいいとは思ってなくて…まあそんなにバカだとも思ってないけど。ただ、そこで勝負ができない分、人との出会いに救われてるというか。そういった、人との出会いでモノができてるってのにすごく感謝してて、こいういったものを世の中にも供給していきたいなって想いがFoxsyにも繋がってるんだよね。

編集部 プロダクトの裏にはそういった想いもあったんですね。なんだか、Foxsyに対する愛着が湧いて来ました。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう