サンフランシスコ観光マップ

この記事をシェア!

この記事の所要時間: 512

みなさんこんにちは。
SiliconValleyWorkers 編集部の中屋敷です。

今回は趣向を変えて「観光」について書きたいと思います!

サンフランシスコと言ったらシリコンバレーを思い浮かべる方も多いと思いますが、サンフランシスコには色々な観光名所があります。

今回は、サンフランシスコの観光名所10選ならびに治安、移動手段、おすすめのモデルルートなどもご紹介したいと思います。

▼本記事で紹介する観光名所
ーーーーーーーーーーーーーーーーーー
1. パウエル駅
2. フェリービルディング
3. ピア39 / フィッシャーマンズワーフ
4. ロンバートストリート
5. パレス・オブ・ファインアート
6. ゴールデンゲートブリッジ
7. ゴールデンゲートパーク
8. ツインピークス
9. ジャパンタウン
10. シティホール

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

サンフランシスコ周辺の観光名所

より網羅的な観光スポットはこちらのGoogle Mapsに登録しておりますので、もし興味があればご参照ください。また、シリコンバレーの有名企業マップはこちらを、サンフランシスコの有名企業マップはこちらをご参照下さい。

この他にも、サンフランシスコ近郊には、公立大学世界トップで孫正義さんの母校でもあるUCバークレー、Macのデスクトップでも有名な世界遺産のヨセミテ国立公園、冬にはスキー客で賑わうレイクタホなど、様々な観光名所があります。

1. パウエル駅
(Powell Street St.)        

パウエル駅付近にある観光名所のユニオンスクエア

サンフランシスコ国際空港 (SFO) から、BARTという地下鉄で40分、Uberで約20分のところに位置するダウンタウンの主要駅です。サンフランシスコ観光へのアクセスも良く、付近にホテルが集まっているため日頃から観光客で賑わっています。

また、近くには観光スポットとして有名なユニオンスクエアやサンフランシスコ名物のケーブルカーの発着駅、有名デパートのMacy’sやBloomingdale’sもあり、サンフランシスコに来たら必ず一度は訪れる場所になるはずです。

ただし、昼間は賑わっていても日没後はホームレスが増えるので、夜は一人で不必要に出歩かない、周囲に注意を払うことを忘れないでください。

Hearts in San Francisco」プロジェクトのハート

2. フェリービルディング
(Ferry Building)

ベイブリッジも見える、おしゃれな観光スポットです。さらに、夜はベイブリッジがライトアップされてとても綺麗で、大人な雰囲気が漂います。また、フェリービルディング内のマーケットプレイスにはBlue Bottle Coffeeもあり、サンフランシスコを満喫できる場所です。カップルや新婚さんにはナイトクルージングもおすすめです


フェリービルディング内のマーケットプレイス


ここからのベイブリッジはインスタ映えします!

3. ピア39 / フィッシャーマンズワーフ
(Pier39 / Fisher Man’s Wharf)

Pier39のカニのオブジェ

Pier39は、Fisher Man’s Wharfと呼ばれるエリアの中にある、カニのオブジェとアザラシが有名な観光スポットです。おしゃれなレストランやカフェ、お土産やさんなどが集まっており、海鮮物が名物でサワーパンのクリームチャウダーは欠かせません。いつも観光客で賑わっていて、家族連れや友達との観光に打って付けの場所です。

また、埠頭からは脱獄不可能で有名だった元収容所のアルカトラズ島が見えます


埠頭からはアルカトラズ島(左側)が見えます

4. ロンバートストリート
(Lombard street)

「坂の街、サンフランシスコ」を見事に表しているロンバートストリート。くねくねした坂と、坂から見下ろす景色が圧巻です。くねくねした坂を歩く際には、”登る”のは至難の技なので、坂を”下る”ルートをおすすめします!

5. パレス・オブ・ファインアート
(Palace of Fine Arts Theatre)

西洋風の建物がとてもおしゃれな広場です。少し市街地から離れているので、Uberを利用するのが便利です。「THEアメリカ」とは一味違った異国情緒漂う雰囲気の中、リラックスした時間を過ごせると思います。

また、夜にはライトアップされて映画の中にトリップした気分を味わえます。

6. ゴールデンゲートブリッジ
(Golden Gate Bridge)

言わずと知れた、サンフランシスコの一大観光名所です!様々なお土産のデザインによく使用されており、記念写真を撮る場合には、ぜひゴールデンゲートブリッジと一緒に。

ゴールデンゲートブリッジを眺める場合はGolden Gate Bridge Welcome CenterVista Point。ここは夏場でも寒いので、長袖での防寒は必須です。橋に霧がかかっているとサンフランシスコ感が増し、霧がかかっていても橋が見える色としてインターナショナルオレンジが採用された経緯があります。

Vista Pointから見た景色

7. ゴールデンゲートパーク
(Golden Gate Park)

雄大な景色を誇るとても広い公園です。芝生でゆったりとした時間を過ごしてもいいですし、自転車をレンタルしてサイクリングもおすすめです。水族館やプラネタリウムも入っているカリフォルニア科学アカデミー」や「ジャパニーズ・ティー・ガーデン」も公園内にあります。ジャパニーズ・ティー・ガーデンは入園するのに並ぶので、時間があるときに是非。

カリフォルニア科学アカデミーの内部

8. ツインピークス
(Twin Peaks)

昼間のツインピークスからの景色

サンフランシスコの街並みが一望できる場所です。行きにくい場所にあるので、Uberが便利です(Uberの目的地の設定は「Twin Peaks」ではなくChristmas Tree Pointにすると歩かずに済むのでおすすめです)。霧が多い天気なため、天候は神頼みですが、ここから見る夜景は素晴らしく綺麗です。ここは夏場でも寒い時があるので、防寒が必須です。

夜のツインピークスからの景色

9. ジャパンタウン
(Japantown)

ジャパンタウンでは、DAISO(基本的に$1.5)、ニジヤ・マーケット(日本のスーパーマーケット。基本的に値段は約2倍)、紀伊国屋(日本の書籍の値段は基本的に約2倍)など、日本人にお馴染みの商品が手に入ります。ジャパンセンターの中には日本食レストランのみならず、プリクラ($12)や太鼓の達人も置いてあります。ホームシックになったら、ジャパンタウンに来てみてください。

左:ジャパンセンター内の様子 右:ジャパンタウンにある塔

10. シティーホール
(City Hall)

綺麗な西洋風の外観の市役所です。営業中であれば、セキュリティチェックを受け、中に入ることもできます。クリスマス時期には大きなツリーが圧巻です。ただし、Civic Center駅付近はかなり治安が悪いため、特に注意してください。

治安について

基本的には気候も温厚で安全なサンフランシスコですが、テンダーロイン、シビックセンター駅付近、ミッション地区あたりはかなり治安が悪い地域として有名です。しかし、これ以外にも一本道が外れただけで、途端に危ない通りに入ってしまうことも多々あります。そもそもこのテンダーロインとは、昔このエリアを担当した警察官がその危険度に応じてもらえるボーナスで「テンダーロインステーキ」が食べられたことにちなんでいます。


危険エリアマップ

スマホで地図を見ながら歩いていたら、知らぬ間に危ない場所に足を踏み入れていた…が、一番怖いパターンで、うっかり有り得るパターンです。

また、昼間はまったく問題なさそうに見える場所でも、日没後に一気に治安が悪くなる場所が多いので夜はなるべく出歩かないことが懸命です(それかUberを強くおすすめします)。

さらに、サンフランシスコにはホームレスが多いので最初は戸惑うかもしれません。基本的に人に危害を加えるということは少ないですが、万が一のことも考え、何か話しかけられても対応せずサッと立ち去るのが無難です。「お金をくれ」と言っていることが多いです。

移動手段 (BART / MUNI / Uber)

治安が悪いため、外を歩くのが危ない時に便利なのがUberです。アプリをダウンロードしてクレジットカードを登録するだけなのでとても簡単に利用できます。ドライバーのレビュー機能も付いており、むしろ道路を走る普通のタクシーよりも安全かつ安いと思います。今では生活に欠かせない移動手段です。

また、市内を走る地下鉄のBARTや、バスのMUNIもあり、それらの乗り換えを検索するのに便利なアプリがCityMapperです。GPSをオンにすれば、絶対に迷わないナビゲーションアプリなのでよく迷子になる人にもおすすめです。観光する際には是非ダウンロードを。

さらに、日本と違って交通網の時間が正確ではないサンフランシスコでも、乗り換えアプリのTransitはほとんど正確(だと思っています笑)にBARTやMUNI(バス・メトロなどの総称)の到着時間をわかりやすく教えてくれます。

移動に便利なアプリとおすすめレストラン検索アプリ

モデルルート

では実際に、1日観光用のモデルルートを2つほど紹介してみたいと思います!

1日がっつりコース

① 9:00 パウエル駅
→ ユニオンスクエア周辺を散策

② 10:00 フェリービルディング
→ マーケットプレイス内のBLUE BOTTLE COFFEEでホッと一息

③ 11:00 ピア39 / フィッシャーマンズワーフ
 → クラムチャウダー / In-N-Out Burgerをランチにどうぞ 

④ 12:30 ギラデリスクエア
→ ギラデリのチョコやアイスを食べながら休憩

⑤ 13:30 ロンバートストリート
→ くねくねの道を下ってチェストナッツ通りを散策

⑥ 14:30 アルタプラザパーク
→ 
眺めの良いアルタプラザパークで一休み

⑦ 16:00 パレス・オブ・ファインアーツ
→ 広場から撮るドームの写真がおすすめです

⑧ 17:30 ゴールデンゲートブリッジ・ウェルカムセンター
→ 
天気によって橋に霧がかかっていることもしばしばあります

⑨ 18:00 16th アベニュー・タイルド・ステップス
→ 有名なタイル敷のオシャレな階段です

⑩ 19:00 ツインピークス
→ 
ツインピークスはぜひ夜景が綺麗な時間に

⑪ 19:30 ヘイズバレー
→ ヘイズバレーのオシャレなレストランでディナー

① 21:30 パウエル駅

おつかれさまでした!

④ギラデリスクエアのゲートとアイスクリーム

⑪ヘイズバレーの街並み

1日ゆったりコース

① 10:00 パウエル駅
→ ブランチを兼ねて、ユニオンスクエア周辺を散策

② 12:00 ミッションドロレスパーク
→ サンフランシスコ名物の公園で一休み

③ 13:00 ゴールデンゲートブリッジ・ウェルカムセンター
→ サンスランシスコといえば、やっぱりゴールデンゲートブリッジです

④ 14:00 パレス・オブ・ファインアーツ
→ 非日常感溢れる広場でゆっくりリラックス

⑤ 16:00 フェリービルディング
→ フェリービルディング周辺のレストランで優雅にティータイムをどうぞ

① 17:00 パウエル駅

おつかれさまでした!

②ミッションドロレスパークからの景色

まとめ

いかがでしたか?
サンフランシスコを訪れた際には、ぜひ紹介した観光地に足を運んでみてください!

みなさまの観光が素敵なものとなりますように。
そして、治安にはくれぐれも気をつけて、夜は一人で出歩かない、危ないと思ったら走る、といったことを忘れないでください。

Have a good day!

本記事で紹介した観光地のアドレスがまとまったGoogle Mapsのデータはこちらからどうぞ。

ーーーーーーーーーーーーーーーーー

今後の取り組みについては、FacebookページやTwitterでも随時最新ニュースを更新していく予定です。もし興味がある方はこちらもいいねやフォローをしていただけますと幸いです。

メルマガ「SiliconValleyWorkers通信」も始めました。週1回から月1回の頻度で新着情報や求人情報、編集部の気になるトピックなどを発信する予定ですので、興味のある方はぜひ登録してみてください。

ーーーーーーーーーーーーーーーーー

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

スポンサーリンク
Simplicityのレクタングル大
Simplicityのレクタングル大

この記事をシェア!

フォローして最新情報をチェック!

PC用 ネイティブアド
スポンサーリンク
Simplicityのレクタングル大