TOEIC305点からの海外MBA。夢だったテレビ局を退職、「当たり前のキャリア観」が壊された80分の授業。

この記事をシェア!

この記事の所要時間: 1058

今後のキャリア観について

編集部:今後のキャリア観はどのように考えていますか?

森井さん:中学生の時からずっと変わってないのは、何か物事やコンテンツを作って、それをたくさんの人に提供して驚かせたい、感動させたいということです。

編集部:なるほど。

森井さん:今は自分自身が驚いたり、感動することがシリコンバレーという場所に一番あるんですよね。ニューヨークの方がメディアやエンタメがすごいというのはあるかもしれないけど、この辺だと普段過ごしていて、こんなのあったらいいなと思うものは大体サービスあるじゃないですか?

編集部:確かにそれは感じますね。

森井さん:何か不便に感じることにはそれを解決する便利なサービスがあって感動するみたいな、そういう日常的な感動を他の人にも伝えていけたらいいなと思っています。

編集部:その伝える対象は、日本人にフォーカスされているんですか?

森井さん:そこだけを考えてるわけじゃないですが、やはり日本への想いは強いですね。僕は超純ジャパニーズで、社会人になってからアメリカに来て色んなギャップに驚きながらそれに対応していったので、日本の良い所と悪い所の両方が分かっているかなとは思います。
なので、このサービスが日本に受け入れれば日本がもっと良くなるかもって部分にはチャレンジしていきたいですね!

メッセージ

編集部:では、最後に何かに挑戦したいと思っている方にメッセージを頂けませんか?

森井さん:僕は選択肢をちゃんと持って、真剣に考えることが大事だなと思っています。例えば、いま日本だと働き方改革とか言われてますけど、重要なのは残業時間とか仕事量とかではなくて、自分の人生をちゃんと生きてるかってことじゃないかなと。給料が少し減るとしても働く時間が短くなって家族と過ごせる時間があった方がいいとか、そういうことを思考停止にならずに並べて判断するのはすごく大事だなと思うんです。

編集部:周りに流されるのではなく自分で考えて判断するのが大事だと。

森井さん:そのためには、色んな人の考え方やカルチャーに触れるのが必要なんですよね。先ほどの話のように、会社に属するのが当たり前という僕の価値観が80分の授業でボーンって壊されたり、ラップでプレゼンしたらアメリカに来ちゃいましたみたいなことがあるわけで。

編集部:たしかに日本だと出会う機会が少ない価値観ですもんね。

森井さん:あとは、何かを捨てる勇気を持つと強くなるというのも感じてます。僕も死ぬほど入りたかったテレビ局を捨てたり、ソフトバンクという看板を捨てたり、そういう経験の中で個人としての戦闘能力が上がっているのかなと。
スティーブ・ジョブスのStay hungry, stay foolishという有名なことがあるんですが、僕は最近になってstay foolishの本当の意味が分かったような気がしてるんです。

編集部:ほぅ、それは気になります。

森井さん:あれはバカであれとかそういう意味じゃなくて、自分の信念を持って突き進めっていうことだと僕は解釈しています。例えば、新しいビジネスをやりたいと思っても、将来のリスクを色々計算したら怖くてできなくなるんですよね。でも、自分がやりたくて、できるという信念があるなら、リスクを考えすぎないでとりあえずやるというのがfoolishの本当の意味なんじゃないかと思ったんです。

編集部:なるほど、その解釈は納得ですね。森井さんを見ていると、何か行動すると良い出会いがあって、その出会いが森井さん自身の成長をさらに加速させている気がします。

森井さん:そうですね。そういう出会いがあった時に、自分よりもすごい人から色々と吸収するのはもちろん大事ですが、自分の得意な部分、例えば僕ならエンタメやサービスなどで相手に何か価値を与えることを僕は意識してます。僕はジーニーが好きなんですけど…

編集部:アラジンに出てくるランプの精霊のジーニーですか(笑)?

森井さん:ジーニーって、誰かのために何かをすることしか考えていないんですよね。誰かの願い事を叶えてあげることをずっとやってたら、最後にアラジンに出会えて、こっちの世界においでよと言ってくれたっていう。
そういう感じで、誰かのために何かをし続けたら、自分にもいつかチャンスが返ってくるというマインドでGiveをする大事さは、シリコンバレーですごく学びましたね。

編集部:なるほど、すごく良い話を聞けました。森井さん、本日はどうもありがとうございました!

ーーーーーーーーーーーーーーーーー

今後の取り組みについては、FacebookページやTwitterでも随時最新ニュースを更新していく予定です。もし興味がある方はこちらもいいねやフォローをしていただけますと幸いです。

メルマガ「SiliconValleyWorkers通信」も始めました。週1回から月1回の頻度で新着情報や求人情報、編集部の気になるトピックなどを発信する予定ですので、興味のある方はぜひ登録してみてください。

ーーーーーーーーーーーーーーーーー

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

1990年6月8日生まれ。埼玉県川口市出身。
2013年、一橋大学商学部経営学科卒業。株式会社SpeeeにてSEOやWebマーケティングのコンサルティング等に3年半従事したのち、イノベーションの最先端であるシリコンバレーでチャレンジしたいと考えて渡米。現在は、UC Berkeley Extensionにて経営とプロジェクトマネジメントを専攻。
座右の銘は「やらぬ後悔よりやった後悔」。

スポンサーリンク
Simplicityのレクタングル大